ブログの初期設定

GA4で「どのページがよく見られているか」を確認する方法

悩んでいる人

Googleアナリティクス、新しい画面になって見方がわからない。。。どのページがよく見られているかだけでも、まずは把握しておきたい。

こんな悩みを解決していきます。

本記事の内容
  • Googleアナリティクス「UA」と「GA4」
  • Google Analytics4で「よく見られているページ」を確認する方法
新しいGoogleアナリティクス「GA4」と「UA」は全くの別物

ご存知の方も多いでしょうが、Googleアナリティクスは従来、ユニバーサルアナリティクス(UA)と呼ばれるツールが主流でした。

ですが、Googleが2023年7月をもってUAを終了すると発表しているため、今後は新しい「Googleアナリティクス4(GA4)」を使う必要があります。

今までのUAに使い慣れている人も多く、GA4の使い方がまったくわからない人も多いのが現状です。「そもそも、よく見られているページの確認方法すらわからない」という人向けに、該当ページをチェックする方法を紹介します。

タクト

まずは本記事で紹介する方法で、自サイトのどのページがよく見られているか確認できるようにしていきましょう。

GA4を使えるようにするためには「従来のUAとはまったく別物」と考えた方が気が楽です。最近ブログを始めてGoogleアナリティクスを使うようになった人は、気にせずGA4の使い方を覚えていきましょう。

GA4でページビューを確認するならここを見ればOK

GA4は最初こそ使いにくいと感じますが、慣れてしまえば簡単です。ページビューも場所さえわかればすぐ使えるようになります。

GA4の見方①:サイト全体のページビューを確認する

まずはサイト全体でどのくらいページビューがあるか確認できるようにしておきましょう。

見方は簡単で「レポート > エンゲージメント > エンゲージメントの概要」から確認するだけ。

Googleアナリティクスでサイト全体のページビューを確認
Googleアナリティクスで「サイト全体」のページビューを確認する方法
タクト

これは当サイトの1日あたりのデータです。ブログ開設して1ヶ月くらいなので、まだまだこれからって感じですね。

「表示回数」とある部分がページビューに相当します。

GA4の見方②:ページごとのページビューを確認する

続いて、ページごとにページビューを確認する方法を見ていきます。

この方法を使えば「どのページがよく見られているか」がすぐにわかるので、頻繁に使う方法になるはずです。

やり方も簡単で「レポート > エンゲージメント > ページとスクリーン」で確認できます。

Googleアナリティクスでページごとのページビューを確認
Googleアナリティクスで「ページ別」のページビューを確認する方法
タクト

UAでも見たような「ページごとのページビュー」を一覧で確認することが出来ます。まずはこの画面を見て、データを確認できるようにしていきましょう!

GA4を使えば、便利な指標を追加したり、より見やすいようにカスタマイズすることも出来ます。ただそれはもっと慣れてきてからでOK。最初は、GA4の標準レポートを使って、超基本となるデータ・指標の確認に慣れるようにしていくことが大事です。

まとめ:GA4でどのページがよく見られているかは「ページとスクリーン」から確認しよう

今回ははGA4で「どのページがよく見れれているか」を確認する方法を紹介してきました。

見て頂ければわかるように、めちゃくちゃ簡単です。場所さえわかればいいので。

自サイトにとって重要なKPI設定やPDCA改善のためにも、GA4をしっかりと活用していきましょう!

-ブログの初期設定
-, ,